07 E=mc弐

Je vais vous confier un secret. Mais, comme les murs ont des oreilles, je vais vous le chuchoter,

vous le susurrer ひそひそ, à voix basse, dans l’oreille. Voici : il n’y a pas que

les pommes de Newton qui tombent des arbres. Parfois, les singes aussi….

c’est la loi de la gravité!

Parlant de lois, il n’y a pas que celle de la gravité. Il y a aussi les lois immuables de la nature.

Et, il y a celle de la relativité restreinte.

ファーストフードに次ぎ、いよいよスローフードの時代となった。

後者の方が健康にいいとは分かりきったことだが、

人間たる者は万古不易の自然の法則に逆らうわけにはいかない。

常に簡単な、面倒くさくない方を選ぶ癖がある。

常にファーストフードに手を伸ばす癖がある。

———————–

万古不易と言えばアインシュタインの特殊相対性理論というのもある。

かの有名なE=mc²のことである。

——————————–

——————————–

ところが、大きな声では言いたくないが、その関係式にはちょっとした食い違いがある。


壁に耳あり…..だからひそひと言っておく。

E=mc²の「シー」は、「光速度」ではなく、「食速度」を表すのである。

言い換えれば速く食べれば速く食べるほどエネルギーを得られる、ということである。

だから人間は常にファーストフードに手を伸ばす癖がある。

自然の法則なのだ。

Toutefois, Einstein a commis une légère erreur dans sa célèbre équation E=mc².

En effet, la lettre « c » n’indique pas la « vitesse de la lumière ». Elle indique plutôt la « vitesse d’alimentation ».

Vous pensiez que le fast-food venait des Etats-Unis?

Et bien non.

C’est une loi de la nature.

Plus on mange rapidement, plus on obtient de l’énergie.

C’est simple, efficace, naturel. Le slow food peut aller se rhabiller!

——————————–

Là où est Einstein maintenant, la loi de la gravité ne s’applique pas.

Il ne risque donc pas de tomber de son nuage comme une pomme ou un singe tomberaient d’un arbre.

Toutefois, il a semble-t-il finalement reconnu son erreur.

Et, il nous encourage :

« Allez, vite, cessez d’attendre, de faire ぐずぐず, de lambiner.

Ne laissez pas la loi de l’inertie l’emporter!

Mangez vite, mangez がつがつ, mangez avec voracité!

Encore plus vite!

Buvez vite, buvez がぶがぶ, buvez comme des éponges!

Le fast-food, c’est une loi de la nature! »

やはり、猿も木から落ちる。

アインシュタインだって、間違うことがある。

「食速度」が正しい方だと認めればファーストフードも認めるしかない。

そのアインシュタインだが、きっと雲の上から、ためらう可哀想な彼女に

「何をぐずぐずしているんだ。

慣性の法則に負けるなよ。

スローフードに負けるもんか。

速く手を伸ばして、速くそのファーストフードを食べるんだよ。

がつがつ食って、

がぶがぶ飲むんだよ」

と言っているのであろう、と。



Leave a Reply